中小の食品機械、6次産業化下支え 農業・漁業と連携

2016/8/22 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業や漁業者が加工・流通業に乗り出したり事業者と連携したりする6次産業化で中小の食品加工機械メーカーの存在感が増している。大手にない機動力を生かして開発した機械で食材加工や流通を助ける。ブランド化や高付加価値化は環太平洋経済連携協定(TPP)発効後の市場で競争力を保つ有力な手段だ。

国内外から多くの観光客が訪れる札幌市。同市中心部にあるレストランが「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」。ビュッフェコー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]