2019年8月21日(水)

堅展実業の厚岸蒸溜所、10月下旬に稼働へ 蒸留機器の設置完了

2016/8/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

食品原材料輸入や酒類輸出を手掛ける堅展実業(東京・千代田)が厚岸町で建設していたウイスキー製造設備「厚岸蒸溜所」で、ポットスチル(蒸留器)などウイスキー製造機器の設置が完了し、19日、報道関係者に公開された。

厚岸蒸溜所は10月上旬に酒類製造免許を取得する見通しで、10月下旬から蒸留を始める予定だ。2019年にはシングルモルトウイスキーの本格出荷をめざす。

道東で初めてのウイスキー製造設備となる。設置したのはスコットランドの蒸留器メーカー、フォーサイス製の蒸留器2基、発酵槽6基など。全体の投資額は数億円規模だという。年間生産能力は30万リットルで、初年度は3万リットルを生産する計画だ。

霧深くなる気候などがスコットランドに似ていることや泥炭を得やすいことから厚岸を製造場所に選定。きつめのスモーキーフレーバーのウイスキーをめざす。シングルモルトウイスキーは「厚岸」ブランドで国内外に出す予定。製造スタッフは4人。本格的な蒸留が始まる来年には、たるに詰めた原酒の熟成庫をさらに1棟つくる方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。