/

この記事は会員限定です

社外取締役の「独立」促す 大手生保、投資先企業に

[有料会員限定]

大手生命保険が投資先企業に対し、社外取締役の実効性を高めるよう促す。第一生命保険は社外取締役への聞き取り調査を開始。住友生命保険は議決権行使の基準を厳しくし、同じ企業グループからの選任への反対も検討する。社外取締役が企業から独立してお目付け役としての役割を発揮すれば、経営への監視機能が強まり、企業の収益力も向上するとみている。

政府は統治改革の第1弾として、機関投資家の行動規範を定めた「日本版スチュワードシッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン