住宅ローン、固定を選好 マイナス金利で変動型を逆転

2016/8/17 1:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅ローン利用者が10年など長期間、金利を固定する契約にシフトしている。16日で導入から半年となった日銀のマイナス金利政策の影響で、10年固定で年0.3%台という超低金利商品が出てきたのが大きい。変動型を下回る金利を設定する銀行もあり、大手行では全体のほぼ半分、借り換えに絞ると7割強が固定型を選んでいる。住宅ローン選びの常識が変わりつつある。

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそな、三井住友信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]