/

この記事は会員限定です

タイヨーパッケージ、仕切り板内蔵の医薬品パッケージ開発

[有料会員限定]

紙器製造のタイヨーパッケージ(富山県立山町)は仕切り板を内蔵した医薬品のパッケージ(箱)を開発した。2017年にまずは軟膏(なんこう)剤などチューブ用を投入。注射剤などガラス製剤向けも順次生産を始める。容器を固定する緩衝材を別に用意する必要がなくなるため、資材コストの削減や配送効率の向上につながる。薬価低下で業務効率化を進める製薬会社に売り込む。

開発した箱は内部に紙製の仕切り板が取り付けられてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン