/

この記事は会員限定です

しなの鉄道、軽井沢駅の旧駅舎を待合室や改札に活用検討

[有料会員限定]

第三セクターのしなの鉄道(上田市)は旧軽井沢駅舎の活用に向け軽井沢町と検討に入った。1997年の新幹線開業時に移設し町有となった施設を観光列車「ろくもん」などの利用客の待合所や改札など、駅の一部として復活させる方向だ。かつての雰囲気を残す旧駅舎を軽井沢駅の機能強化に活用し、観光客を呼び込むと共に駅北口のにぎわい創出につなげたい考えだ。

しなの鉄道が活用を検討する「(旧)軽井沢駅舎記念館」は高崎~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン