/

この記事は会員限定です

社外取締役増やした企業、設備投資が活発に 内閣府分析

[有料会員限定]

独立社外取締役を増やす企業は設備投資が活発になる傾向があることが内閣府の分析で分かった。2011~14年度で、社外取を2人以上増やした企業は、設備投資の売上高に占める割合が6.4%と、「変化なし」または「減少」した企業と比べ、1.6ポイント高かった。

内閣府は社外取締役の増加人数と自己資本利益率(ROE)の関係も調べた。2人以上増やした企業の11~14年度のROE平均は11.4%と、変化なしまたは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン