注射薬を貼り薬に 微細な針並べ、痛み少なく

2016/8/15 1:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正> 15日1時9分に配信した「注射薬を貼り薬に 微細な針並べ、痛み少なく」の記事中、富士フイルムが共同開発したワクチンの針の長さが0.8ミリメートルとあるのは、0.5ミリメートルの誤りでした。(2016/8/15 16:54)

注射でしか投与できなかった薬を貼り薬にする研究が進んでいる。富士フイルムと北海道大学はインフルエンザの「貼るワクチン」を開発し、動物実験で従来より高い効果を確認した。京都薬科大学はベンチャー企業と共同で糖尿病治療薬を皮膚から投与するパッチを試作した。いずれも薬液を含んだ微細な針を並べたもの。痛みが少なく負担の軽減につながりそうだ。

皮膚から体内に吸収されて効果を発揮する貼り薬は、薬効成分の分子が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]