/

この記事は会員限定です

元慰安婦支援10億円、少女像移転の進展待たず

日韓連携機運を優先

[有料会員限定]

日韓間の最大の懸案だった旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、昨年末に合意した「最終的かつ不可逆的な解決」に向けた取り組みが実行段階に移る。日本政府は元慰安婦を支援する財団への10億円拠出を正式に決めた。ソウルの日本大使館前の少女像の移転問題に進展がないまま関係改善を優先するのは、成果を急がねば両国内にある日韓合意への反対論が勢いづき、連携機運がしぼみかねないからだ。

昨年12月に10億円拠出で合意して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン