セブンイレブン、冷食PBに夕食向け投入 中心価格帯100円高く

2016/8/13 0:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンはプライベートブランド(PB=自主企画)の冷凍食品を刷新する。ハンバーグをはじめ夕食の一品となる商品を新たに投入。既存品は増量するほか具材を変えるなどして品質も高める。中心価格帯は従来より100円高い200~300円に引き上げる。シニア層や共働き世帯の需要を取り込み、客数を一段と伸ばす考えだ。

今月から順次切り替え始めた。約60ある品目数は変えずに、価格や商品内容を一新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]