/

この記事は会員限定です

インフラ向けサイバー防衛の人材育成拠点 経産省

[有料会員限定]

経済産業省は電気・ガス・水道などインフラ企業のセキュリティー強化に向け、専門人材を育てる訓練所を来年度にもつくる。同省所管の独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営し、インフラへのサイバー攻撃を防ぐ訓練を取り入れて実戦形式で技術を身につけられるようにする。

訓練所は、宮城県多賀城市にある「制御システムセキュリティセンター」内に中核拠点を置く方向だ。経産省は今秋の臨時国会に提出する補正予算案に必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン