「象徴の形」国民の総意で 生前退位を考える

2016/8/9 1:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前宮内庁長官の羽毛田信吾氏は「天皇陛下の象徴としての地位とご活動は一体不離」と語ったことがある。8日に表明された陛下のお言葉は、まさに「象徴とは国と国民のために活動するもの」という信念だった。

これは憲法や皇室典範の条文にはなく、法学者や歴史家、政治家などが定義したものでもない。天皇陛下自身が「象徴とは何か」を長年考え続けて到達した「象徴のかたち」である。

言葉で表されなくても、われわれ国民はす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]