天皇陛下、象徴の責務に信念 国民理解「切に願う」

2016/8/9 2:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8日、天皇陛下が「生前退位」の意向を強く示唆された1800字余りのビデオメッセージ。込められた「お気持ち」を読み解くと、公務削減や摂政制度などについて踏み込んだ考え方を示されており、象徴天皇としての理想像を追求してきた自身の強い意志がにじみ出る。陛下が国民に投げ掛けたものとは何か。

 「天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]