/

この記事は会員限定です

観光活性化ファンド、白馬村のまちづくり会社に投融資

[有料会員限定]

八十二銀行など長野県内に本拠を持つ全金融機関が参加する「ALL信州観光活性化ファンド」は8日、白馬村のまちづくり会社「白馬ギャロップ」に投融資を実施した。同ファンドによる資金提供は昨年8月の山ノ内町に続いて2例目。白馬ギャロップは資金をアウトドア事業の強化などに充てる。長野県内を挙げての観光活性化の取り組みが一段と加速する。

白馬ギャロップは同村で社会保険労務士をしていた田中麻乃氏(現社長)を中心に4月に設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り834文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン