/

この記事は会員限定です

トヨタ、不妊治療休暇を導入 17年1月メド

[有料会員限定]

トヨタ自動車は5日、社員の不妊治療の支援を目的とした休暇制度を設ける方針を明らかにした。2017年1月をメドに新制度を導入し、最大で年間5日程度休めるようにする。休暇期間中は無給とする方針だ。トヨタは在宅勤務制度の充実など少子化対策に力を入れており、新たな休暇制度導入は同様の仕組みが産業界に広がる契機となりそうだ。

このほど労働組合に新制度導入の方針を伝えた。対象となる社員の範囲など詳細は今後詰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン