増える「待機老人」どこへ 都内4万3000人

2016/8/3 23:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の東京都知事選では待機児童が注目されたが、特別養護老人ホーム(特養)に入所できない「待機老人」も新都知事が取り組むべき重要な課題となっている。都内の待機老人は約4万3千人に上り、用地確保が難しい都心部では特に特養の整備が遅れている。専門家は「区市町村だけでは解決できない。都がリーダーシップをとるべきだ」と指摘している。

「親の介護のため保母の仕事を辞めた。特養に入所できれば働けるのに……」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]