/

この記事は会員限定です

味の素、アフリカで栄養治療食を開発へ 国際機関に販売

[有料会員限定]

味の素は1日、東アフリカのマラウイで、栄養治療食品(RUTF)をアイルランド企業と共同で開発すると発表した。将来は現地で生産し、ユニセフなどの国際機関に販売する計画だ。同社は西アフリカのガーナでも母子栄養改善に取り組んでいる。市場拡大が期待されるアフリカでの足がかりとするとともに、グローバル企業に求められる社会的責任に応える。

RUTFは重度の低栄養状態の子ども向けの食品。対象は6カ月~5歳まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません