公取委、5社に課徴金5億円命令へ 震災復旧談合で

2016/8/1 23:36
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災で被災した関東地方の高速道路の復旧工事を巡って談合を繰り返していたとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不当な取引制限)で、道路舗装5社に総額約5億円の課徴金納付を命じる方針を固めたことが1日、関係者への取材で分かった。

課徴金納付命令の対象になるのは前田道路、日本道路、鹿島道路、大林道路、大成ロテック。談合に加わったが落札しなかった他の3社を含め、計8社に再発防止を求める排除…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]