/

東京都内の新築分譲マンション価格、都民の平均年収の11倍

2015年に東京都内で分譲された新築マンションの平均価格は、都民の平均年収の11.30倍に相当することが、不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)の調べで分かった。マンション価格と年収の開きが10倍を超えたのは2年連続で、14年と比べて0.69ポイント拡大した。

都内の15年の新築分譲マンション価格(70平方メートル換算)は、14年と比べ6.2%上がって、平均7086万円と4年連続で上昇した。節税対策や外国人による投資などでマンション価格が値上がりした。一方、同社が内閣府の県民経済計算に基づき推計した15年の都民の平均年収は、2万円下がって627万円だった。

都内では販売価格が1億円を越す「億ション」をはじめ、高額物件の供給が増えている。井出武・上席主任研究員は「16年上半期も価格は上がった」と指摘する。一方で「割安感のある物件が郊外などで出始めており、16年通期では横ばいか下落になるのではないか」と予想している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン