/

この記事は会員限定です

光遺伝学の研究計画、10月から始動 科学技術振興機構

[有料会員限定]

科学技術振興機構(JST)は光遺伝学の研究計画を10月から始める。従来は脳科学研究の中で研究費が支給されており、光遺伝学を前面に掲げた研究計画は初めてという。世界で光遺伝学への関心が高まり、国内でも有望な研究成果が出てきたためだ。

ノーベル生理学・医学賞を1987年に抗体研究で受賞した利根川進・理化学研究所脳科学総合研究センター長らも、マウスの脳で記憶の仕組みをひもとく研究成果を相次ぎ発表している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン