/

この記事は会員限定です

脳を光で自在に制御 光遺伝学、東北大など研究進む

[有料会員限定]

動物の脳にある神経細胞の働きを生きたまま制御する光遺伝学の研究が進んでいる。光に反応するたんぱく質を神経細胞に組み込み、光を使って活動を自在に操る。脳の謎に迫る技術としてノーベル賞候補にもあがる。記憶の謎解明など脳科学研究が先行したが、脳の仕組みが分かれば神経疾患の原因究明にもつながる。東北大学や慶応義塾大学が脳梗塞や鬱病などで治療法の開発に乗り出した。

東北大の松井広准教授らは脳梗塞で脳の神経細...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン