/

住江織物、不適切会計発覚で社長が引責辞任

カーペット製造大手の住江織物は29日、同日付で吉川一三会長(70)が社長を兼務すると発表した。川端省三社長(62)は同日付で辞任した。自動車用シートを製造する米国子会社で不適切な会計処理が発覚したため、経営体制を刷新する。

2016年5月期の決算発表は当初予定していた12日から29日に変更していたが、さらに延期する。開示日は未定としている。

川端氏は6月に社長に就任したばかりだが、米子会社を統括していた責任を取る。米子会社では生産ラインの混乱で営業利益が約10億円悪化したとみられるほか、棚卸し資産の過大計上が約5億円あったことが判明。29日に第三者委員会の設置を決めた。調査結果を踏まえて決算を発表する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン