/

この記事は会員限定です

海運市況悪化で再編加速 日本勢に波及も

[有料会員限定]

海運市況の低迷が世界的な再編を誘っている。日用品や機械部品を運ぶコンテナ船は国境を越えたM&A(合併・買収)や、共同運航するグループの組み替えが相次ぐ。長引く不況に耐えられず経営破綻に追い込まれる企業も出てきた。日本の海運業界にも再編の波が押し寄せそうだ。

ドイツのハパック・ロイドは18日、クウェートのユナイテッド・アラブ・シッピング・カンパニー(UASC)と合併することで合意した。コンテナ船の輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン