孤高のファナック、IoTでNTTと協業

2016/7/28 23:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

孤高の存在といわれてきたファナックが転身している。IoT(モノのインターネット化)の技術を使い工作機械やロボットをつなぐシステムの開発で28日、NTTとの協業を発表した。米シスコシステムズやIT(情報技術)ベンチャーとも組んだ。自前主義で物づくりを極め営業利益率40%という高収益体質を築いたが、IoT時代に入り変化を迫られている。

人工知能(AI)を使ったIoTシステムを共同開発する。ファナック…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]