/

この記事は会員限定です

被買収企業の社員、4割が転職検討 クレイア・コンサル調べ

[有料会員限定]

組織・人材コンサルティング会社、クレイア・コンサルティング(東京・港)が買収された企業で働いている正社員に実施した意識調査によると、約4割がM&A(合併・買収)発表時に転職を考えていたとの実態がわかった。全体の2割が3年以内に退職したと回答。M&A戦略の重要性が増すなか、「被買収企業からの人材流出を防ぐための融和策などが課題」と指摘している。

M&A発表時に自分の給与や賞与がどうなるか不安に感じた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン