/

この記事は会員限定です

森村グループ、近代陶器生産 欧州で学ぶ

[有料会員限定]

1876年創業の森村組を縁の下で支えたのが、森村市左衛門の義弟の大倉孫兵衛だ。1904年、陶磁器製造のために現在の名古屋駅近く、則武(のりたけ)地区に設立した日本陶器の初代社長に、孫兵衛の息子の和親が就いた。

和親は工場敷地の一角に新居を建て、工場建設に没頭。欧州を視察して近代的な最新工場を志向したが、最初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン