/

この記事は会員限定です

農産物輸出、攻める自治体 品質管理や安定供給

[有料会員限定]

地方創生の切り札の一つである農業活性化に向け、産地の自治体が地元産品の輸出支援に動き出した。従来の海外への売り込みにとどまらず、輸出向けの品質管理の徹底や安定供給への体制を築く。政府による農林水産物・食品の輸出拡大策や環太平洋経済連携協定(TPP)発効による関税引き下げもにらみ、1次産品の輸出を巡る地域間競争が激しくなる。

政府は「攻めの農業」を掲げ、重点品目の海外への販売促進に補助するなど、輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン