北の国から資料館、「さよなら詣で」最後のにぎわい 8月末閉館

2016/7/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR富良野駅から徒歩3分。8月末で閉館する「北の国から資料館」(富良野市)が「さよなら詣で」でにぎわっている。道外と札幌市から来たという、いとこ3人組の女性は「(脚本を手掛けた)倉本聰さんのドラマが大好き」「日本人が忘れたものを思い出させてくれる『北の国から』の資料館がなくなってしまうなんて」と残念がる。

1995年に資料館を始めたのは物語の舞台、麓郷で木材会社を経営する仲世古善雄さんら地元の有…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]