2019年9月17日(火)

中国の汚水処理事業、日本企業が参画 総事業費115億円

2016/7/26 23:45
保存
共有
印刷
その他

【上海=小高航】中国の同済大学(上海市)と日本貿易振興機構(ジェトロ)は26日、同済大が河北省で受託した化学・医薬工場の汚水処理事業に日本企業が参画すると発表した。三菱商事などが出資する水ing(スイング、東京・港)が水処理技術を提供し、旭化成が浄化フィルターを供給する。総事業費は約7億2千万元(約115億円)。

河北省滄州の化学・医薬工業団地で1日10万トンの浄化能力を持つ汚水処理施設を新設する。同済大の「国際グリーン産業イノベーションセンター」が事業の推進を受託。建設は日系の環境コンサル会社、上海清環環保科技を中心に日本企業が請け負う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。