求人広告件数、6月6.2%増 サービスや物流に採用意欲

2016/7/26 0:07
保存
共有
印刷
その他

求人情報会社でつくる全国求人情報協会(全求協、東京・千代田)が25日まとめた6月の求人広告掲載件数は、前年同月に比べ6.2%増の117万1540件だった。サービス系や物流系を中心に採用意欲が活発で、3カ月連続で前年同月を上回った。

特にサービス系は「アルバイト不足で正社員の求人が伸びている」(エン・ジャパン)。媒体別にみると、スマートフォン(スマホ)経由の募集が好調なインターネットの求人サイトが70万7779件と、前年同月と比べ22.9%増えた。

紙媒体は減少が目立った。無料の求人情報誌は12.6%減と、3カ月ぶりに前年同月を下回った。有料求人情報誌は20.5%減、折り込み求人紙は4.3%減った。

全求協が求人情報会社を対象に集計した「求人広告ウォッチャー調査」によると、先行き(9月)の企業の求人意欲を示す指数は正社員が前年同期と比べ5.2ポイント低い62.6ポイント、アルバイト・パートは同4.2ポイント低い66.3ポイントだった。指数は100に近づくほど求人意欲が高いことを示す。

求人広告も前年同月と比べた増加率は鈍化してきており、「件数の上限が近いとの見方が出ている」(全求協)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]