/

この記事は会員限定です

深層学習、現場に応用 物流・工場へ導入めざす

[有料会員限定]

産業分野の勢力図を一変させる可能性もあると指摘される人工知能(AI)を巡る国際競争の構図が明確になってきた。当面の焦点は、AI史上最大の飛躍といわれる深層学習(ディープラーニング)技術を各産業の現場にいかに早く応用できるかだ。長期的には、深層学習を超えるAI技術を日本が手にできるかどうかも課題だ。日本の取るべき戦略を検証する。

6月30日~7月3日にドイツ・ライプチヒで米アマゾン・ドット・コムが物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン