/

この記事は会員限定です

東京五輪、膨らむ施設整備費どうする?(Q&A)

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの競技施設の課題をまとめた。

Q 建設主体は。

A 競技施設は、新設し大会後も使う「恒久施設」、期間中のみ使う「仮設施設」、「既存施設の改修」の3種類に分けられる。恒久施設は東京都、仮設施設と施設の改修は大会組織委員会、新国立競技場は国が建設することになっている。

Q 施設の整備費は膨らむのか。

A 招致段階の試算が甘すぎたのが大きな原因で、仮設施設の当初試算は約723億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン