バイオシグナル、センサーで肉牛の転倒検知 スマホに通知

2016/7/25 1:18
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ロボット関連ベンチャーのバイオシグナル(大阪市、得丸智弘社長)は畜産農家向けに食用牛の転倒を検知するシステムを開発した。牛の脚にセンサーを付け、スマートフォン(スマホ)などで知らせる。年内にも販売する。食用牛は転倒して放置されると肺を圧迫され死んでしまうことが多い。確実に牛を育ててコストを減らしたい農家を後押しする。

 新システムは加速度センサーやボールセンサーを組み込んだ端末と、牛の状態を記録・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報