/

この記事は会員限定です

バイオシグナル、センサーで肉牛の転倒検知 スマホに通知

[有料会員限定]

ロボット関連ベンチャーのバイオシグナル(大阪市、得丸智弘社長)は畜産農家向けに食用牛の転倒を検知するシステムを開発した。牛の脚にセンサーを付け、スマートフォン(スマホ)などで知らせる。年内にも販売する。食用牛は転倒して放置されると肺を圧迫され死んでしまうことが多い。確実に牛を育ててコストを減らしたい農家を後押しする。

新システムは加速度センサーやボールセンサーを組み込んだ端末と、牛の状態を記録・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン