世界最大の洋上LNG基地、商船三井が2年遅れで始動

2016/7/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

商船三井は2018年からウルグアイで液化天然ガス(LNG)を貯蔵する世界最大の洋上基地の操業を始める。約400億円を投じて洋上基地を建造し、同国の発電所などに供給する。同社は13年に契約を結んだが、パートナーの丸紅などが撤退、プロジェクトの遂行が危ぶまれていた。2年遅れての稼働になるが、安定的な収益が見込めるLNG事業を強化し、海運市況に左右されやすい収益基盤を補強する。

現地の政府系企業と20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]