横浜市、フィリピンで汚泥処理事業 JICAと協力

2016/7/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市は国際協力機構(JICA)に協力し、フィリピンで、汚泥処理プラントの整備に向けた取り組みを始める。市内中小企業の技術や、市の持つ処理場運営ノウハウを現地自治体に提供する計画で、今秋にも施設設計や全体事業費積算などの準備調査を開始する。数年内の事業化を目指す。アジア圏で横浜市の存在感を高めるとともに、市内中小企業の海外展開支援につなげる。

対象地区は首都マニラに続くフィリピン第2の都市圏であ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]