2019年2月20日(水)

阪大、ウイルス分類へAI活用ソフト

2016/7/17 23:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■大阪大学 三宅淳教授らは、人工知能(AI)を使ってウイルスを分類するソフトウエアを開発した。患者から見つかったウイルスのゲノム(全遺伝情報)を入力すると、その特徴を分析し、既知のウイルスのどの種のどの株に近いかを判別する。ワクチン開発や創薬などへの応用を見込んでいる。

ウイルスは変異が速く、地域や時期によってゲノムが微妙に違う様々なウイルス株が広がることが多い。開発したソフトはウイルス株のゲノ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報