/

この記事は会員限定です

母乳に免疫高めるたんぱく質 静岡大がマウス実験

[有料会員限定]

静岡大学の茶山和敏准教授らの研究チームは、小腸などにある免疫機能を高めるたんぱく質が母乳に含まれていることを突き止めた。このたんぱく質を人工乳に加えてマウスを育てると、免疫を担う器官が発達し、抗体を作る細胞も増えた。赤ちゃんに下痢などを起こす感染症の予防につながる可能性がある。

母乳には免疫機能が未発達な新生児を守る様々な成分が含まれている。発見したたんぱく質「CCL25」は胸腺や小腸にあり、感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン