/

この記事は会員限定です

縮む銀行店舗網、顧客対応力の向上課題

[有料会員限定]

銀行再編、人口減少、ネット取引……。経営環境の変化で銀行の店舗網が縮んでいる。全国銀行協会によると、国内の本支店数は2015年3月末で約1万2千店。3メガバンク誕生前の01年3月末から13%減った。楽天のように異業種からの参入銀行の存在感も高まり、今後も銀行店舗は減る公算が大きい。

「単純な銀行業務を扱う店舗を駅前に建てて行員を配置し、顧客の来店を待つモデルが5年後も残ると考えるべきではない」。みずほフィナンシャルグループの佐藤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン