2018年7月23日(月)

選挙改革「次世代」切り口 「声映して」研究者提案続々

2016/7/16 13:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 政策に若者の声を反映しやすくする新たな選挙制度の提案が研究者から相次いでいる。子供の数だけ投票できたり、余命が長いほど議席数を多くしたりと、大胆な案が多い。新たに有権者となった18、19歳が参院選、東京都知事選と立て続けに選挙を経験する中、研究者は「若い人が選挙制度のことを考えるきっかけになれば」と話す。

●ドメイン投票

 九州大の青木玲子副学長(経済学)が紹介するのは、米国の人口学者が考案した「ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報