/

この記事は会員限定です

デリバティブ、19日から取引時間拡大 大阪取引所が新システム

[有料会員限定]

19日から株価指数先物などデリバティブ(金融派生商品)の取引がしやすくなる。日本取引所グループ(JPX)傘下でデリバティブ取引を担当する大阪取引所がシステムを刷新し、取引時間も広げる。東証マザーズ指数先物といった新商品も同時に上場する予定。投資家の選択肢は一段と広がることになりそうだ。

19日に新システム「J-GATE」が稼働する。注文を受けてから約定し通知を返すまでの処理速度は100マイクロ(マイクロは100万分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン