/

この記事は会員限定です

豚の人工授精を効率化 広島大発VB、精子保存の希釈液

[有料会員限定]

広島大発ベンチャー(VB)の広島クライオプリザベーションサービス(広島県東広島市)は豚の精液を保存し人工授精を効率化する希釈液の販売を拡大する。広島大と大分県が共同開発した希釈液で養豚業者に低コストで品質の高い豚肉を生産してもらう。取引先を広げ、希釈液の増産や関東に生産拠点を新設することを検討する。

豚肉を安定供給したり品質を向上させたりするため、豚の精液を保存して計画的な人工授精を行う養豚業者が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン