「新都知事は長期の防災対策を」明大大学院の中林一樹特任教授

2016/7/16 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しい東京都知事は1300万を超す都民の安全を預かる。首都直下地震への備えなど、防災の課題を明治大大学院の中林一樹特任教授(都市防災)に聞いた。

――東京都の防災政策の最重要課題は。

「首都直下地震への対策だ。災害対策には住民自身の自助、住民同士の共助、国や自治体による公助があるが、なんでも自治体で対応するのは限界がある。都が取り組むべきことで最も大切なのはハードの基盤整備だ。安全な避難場所の確…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]