/

この記事は会員限定です

新日本監査、会計士試験合格前でも採用 人材不足に一石

[有料会員限定]

新日本監査法人は公認会計士を目指す人材を試験の合格前に採用する。従来は合格者に採用を限っていた。相次ぐ会計不祥事で質の高い監査が求められるようになり、優秀な会計士を自前で育てる仕組みを導入する。人手不足を解消する狙いもある。

新日本はこれまで会計士試験の合格者を年300人前後採用していた。今年はこれに加えて150人程度の会計士志望者を採用する。30歳未満を条件に、簿記2級の有資格者や企業の経理業務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン