/

この記事は会員限定です

日東工業、資材輸送にフェリー活用 CO2を4割削減へ

[有料会員限定]

配電盤・制御盤大手の日東工業は、工場間の資材輸送の一部をトラック輸送からフェリー輸送に切り替え、同ルートの物流で排出する二酸化炭素(CO2)量を年間42.4%削減する。同社は数年前からモーダルシフト(輸送手段の転換)を進めており、環境負荷の低減につなげる。

同社はこれまで生産・物流拠点の菊川工場(静岡県菊川市)から唐津工場(佐賀県唐津市)まで資材を運ぶ際、約950キロの距離をトラックで輸送してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン