木村飲料、緑茶コーラの米国輸出拡大めざす

2016/7/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲料製造の木村飲料(島田市、木村英文社長)はコーラ・サイダー類の米国輸出を始める。緑茶を配合した「しずおかコーラ」や、富士山の天然水を使った「富士山サイダー」など5品目以上を2019年までに順次、日本食専門店などで販売する。日本食を好む外国人の需要をとりこみ、売上高を20年4月期までに現在の約2倍にあたる40億円まで高める。

同社は、密閉性が高く炭酸飲料の良さを生かせる瓶を使い、サイダーやコーラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]