2019年1月21日(月)

BRICS銀が初起債 人民元建て、三菱UFJ銀も引き受け

2016/7/14 0:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国やロシアなど新興5カ国が2015年に創設した新開発銀行(通称BRICS銀行)が初の起債に踏み切る。中国本土での人民元建て債の形式で、発行額は30億元(約460億円)になる見通し。資金調達を多様化し、16年7~9月期にも実行する第1弾の融資に充てる見込みだ。邦銀からは三菱東京UFJ銀行が一部を引き受ける。

期間は5年で、利率は2.8~3.5%で投資家の需要を探る。18日に条件を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報