金沢―大阪線に新型車両 西日本JRバス

2016/7/14 6:12
保存
共有
印刷
その他

西日本ジェイアールバス(大阪市)は8月1日、高速バスの金沢―大阪線に3列独立型のシートを備えた新型車両を導入する。全8往復のうち、金沢駅を午前9時、大阪駅を午後4時10分に出る「北陸道グラン昼特急大阪号」で採用する。無料の公衆無線LAN「Wi-Fi」も使用できる。今後は夜行便でも採用していく計画。

グラン昼特急大阪号は金沢と大阪を約5時間半で結ぶ。学生のほか、外国人の利用も増えているという。また、夜行を除く6往復の便について、平日にウェブ予約限定の往復割引を設ける。通常、金沢間は片道4300円前後だが、15%前後安くなるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]