/

LINE株、応募倍率25倍 海外勢が高い関心

14~15日に日米で同時上場するLINE株に人気が集まっている。主幹事証券によると、公募株数に対する投資家の応募倍率は25倍弱に達したもようだ。昨年11月に上場した日本郵政グループを大幅に上回った。特に成長性に期待した海外投資家の関心が高いようだ。

応募倍率は海外投資家が20倍台後半を記録した。今年は世界的にIT(情報技術)企業の大型上場が少なく、LINE株に資金が向かいやすい面がある。国内も個人投資家が約18倍、機関投資家が約13倍と堅調だった。

昨年上場した日本郵政グループでは、応募倍率が一番高いかんぽ生命保険でも15倍程度で、「LINE株の需要は想定以上」(市場関係者)。公開価格は3300円で、上場時の初値が公開価格をどの程度上回るかも注目されそうだ。

14日に米ニューヨーク証券取引所、15日に東京証券取引所第1部に上場する。新株発行で最大1320億円の資金を調達する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン