/

この記事は会員限定です

鋳物製造の能作、米に初のアンテナ店 ニーズ把握、情報拠点に

[有料会員限定]

鋳物メーカーの能作(富山県高岡市)は8月に米国に初の路面店を出店する。テーブルウエアなど約100点の商品を販売するほか、米国市場のニーズを把握する情報収集拠点としても活用し、新たな商品開発に生かす。米国では日本の文化やライフスタイルへの関心が高まっている。5年後をめどに米国での売上高を約5倍の1億円に引き上げることを目指す。

能作が新たに出店するのは米ニューヨークのソーホー地区。日本のビジネスコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン