/

この記事は会員限定です

横浜のミニシアター「ジャック&ベティ」地域密着で固定客作り

[有料会員限定]

小作品を上映するミニシアターが全国で減るなか、東京都内からも人を集める横浜の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」。支配人の梶原俊幸(39)は「映画を見て終わりでは来場者は増えない」との考えから、来場者との意見交換会など、ミニシアターならではの地域密着イベントで固定ファン作りを模索している。

関内駅から徒歩15分ほど。若葉町の裏通りにたたずむ映画館には2つの劇場がある。階段を上がって右手が旧作中心の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン